交通事故後の流れ

Pocket

もし、交通事故被害に遭ったときは、できるだけ早めに、弁護士に相談することです。依頼を考えていなくても、早急に弁護士にアポを取ることをおすすめします。なぜなら、弁護士の介入が遅すぎたために、多くの被害者が納得いかないまま、示談書に印を押しているからです。一番相談依頼して頂きたい内容は、保険会社から提示された示談金額が妥当かどうかです。

あなた自身が怪我をしている場合、高く貰えるとは限りません。加害者と被害者のどちらが交通事故の罪が大きいかで決まりますが、場合によって少ない示談金しか貰えないことがあるからです。その場合に、交通事故専門の弁護士なら、示談金の額をアップさせれます。被害者と加害者双方が納得する形で、話し合いが進められます。

この時に重要なのは、交通事故の過失割合です。過失割合については、争いになることは多く、客観的な証拠が必要になります。もし、加害者の過失を裏づける証拠をあなたが持っていれば、保全することが重要です。弁護士が、客観的な証拠を元に、適切な主張をして頂けます。中には、過去の裁判例から、過失割合に関する主張や立証のためのポイントを教えて貰え、あなた自身をしっかりとサポートして頂けます。

参考【交通事故慰謝料の相談-弁護士法人アディーレ法律事務所】