交通事故後の治療

Pocket

後遺障害等級認定を知っていれば、交通事故後の治療で受けられます。これは、交通事故後に、身体に高次脳機能障害や脊髄損傷などの後遺症が残ったり、治療しても完全治らないときに使えるシステムです。ただし、注意点は、一定期間治療を続けても後遺障害が残っていると認められた被害者だけに限ります。つまり、加害者側には当てはまりません

もし、後遺障害の認定を受けたい時に、保険会社よりも弁護士の方に相談依頼すれば、被害者請求という方法で申請ができます。必要な申請書類に、記入して提出して貰うだけなので、簡単だと思います。また、保険会社の事前認定という方法もありますが、こちらは後遺障害認定手続に消極的で時間が掛かることがあるので、おすすめしません。不十分な書面で不適切な審査が行われるよりも、弁護士に任せた方が良いと思います。もちろんそのためには、しっかりと被害者請求手続きをして頂ける弁護士さんを選び、サポートして貰いましょう。

このように、交通事故後の治療費や内容について、サポートして欲しい場合は、弁護士に相談してどうすれば良いのか話し合って下さい。知らないうちに、補助金を受け取らないまま、過ごさないようにして下さい