交通事故後の治療

Pocket

後遺障害等級認定を知っていれば、交通事故後の治療で受けられます。これは、交通事故後に、身体に高次脳機能障害や脊髄損傷などの後遺症が残ったり、治療しても完全治らないときに使えるシステムです。ただし、注意点は、一定期間治療を続けても後遺障害が残っていると認められた被害者だけに限ります。つまり、加害者側には当てはまりません

もし、後遺障害の認定を受けたい時に、保険会社よりも弁護士の方に相談依頼すれば、被害者請求という方法で申請ができます。必要な申請書類に、記入して提出して貰うだけなので、簡単だと思います。また、保険会社の事前認定という方法もありますが、こちらは後遺障害認定手続に消極的で時間が掛かることがあるので、おすすめしません。不十分な書面で不適切な審査が行われるよりも、弁護士に任せた方が良いと思います。もちろんそのためには、しっかりと被害者請求手続きをして頂ける弁護士さんを選び、サポートして貰いましょう。

このように、交通事故後の治療費や内容について、サポートして欲しい場合は、弁護士に相談してどうすれば良いのか話し合って下さい。知らないうちに、補助金を受け取らないまま、過ごさないようにして下さい

交通事故後の流れ

Pocket

もし、交通事故被害に遭ったときは、できるだけ早めに、弁護士に相談することです。依頼を考えていなくても、早急に弁護士にアポを取ることをおすすめします。なぜなら、弁護士の介入が遅すぎたために、多くの被害者が納得いかないまま、示談書に印を押しているからです。一番相談依頼して頂きたい内容は、保険会社から提示された示談金額が妥当かどうかです。

あなた自身が怪我をしている場合、高く貰えるとは限りません。加害者と被害者のどちらが交通事故の罪が大きいかで決まりますが、場合によって少ない示談金しか貰えないことがあるからです。その場合に、交通事故専門の弁護士なら、示談金の額をアップさせれます。被害者と加害者双方が納得する形で、話し合いが進められます。

この時に重要なのは、交通事故の過失割合です。過失割合については、争いになることは多く、客観的な証拠が必要になります。もし、加害者の過失を裏づける証拠をあなたが持っていれば、保全することが重要です。弁護士が、客観的な証拠を元に、適切な主張をして頂けます。中には、過去の裁判例から、過失割合に関する主張や立証のためのポイントを教えて貰え、あなた自身をしっかりとサポートして頂けます。

参考【交通事故慰謝料の相談-弁護士法人アディーレ法律事務所】

弁護士に交通事故依頼

Pocket

突然、交通事故に遭遇すると、保険会社の担当者との手続きや、警察との事情説明などいろいろな事をしなければいけません。とくに交通事故の被害に遭われた場合は、怪我の発生や車の損傷を受けながらも、加害者側の保険会社との交渉することになります。もし、あなたが交通事故に遭遇した場合に、全ての事柄を1人で解決できると思いますか?きっと、事故後の対応をどうして良いのか分からず、加害者の保険会社とやり取りをしていたでしょう。

もし、あなたが気がつかないうちに、自分に不利益な話し合いが進められ、納得いかないまま示談金が支払われるかもしれません。万が一、自分の自動車保険に、示談代行サービスが付いていれば、保険会社の担当者にお願いすることも出来ます。このような、事故後の対応を弁護士にも相談していれば、自分に不利益な話し合いや、示談金などの注意点を事前に知る事が出来ます

他にも、加害者と被害者側の交渉の内容で、折り合いが付かずに交渉が長期する場合にも、弁護士がサポートして頂けます。例えば過失割合の妥当性や後遺障害等級認定などについてです。弁護士は、交通事故などのプロで、知識不足の私たちに不利になる交渉はされないからです。つまり、自分で加害者とのいろいろな交渉に不安を感じたときには、弁護士に相談依頼をして、助けて貰うのがベストだと思います。そこで今回は、交通事故の弁護士への相談について、もっと詳しくご紹介します。